でこらいふろぐ

でこてっくろぐ(http://dekokun.github.io/)の姉妹版

第三次世界大戦勃発に備えてやっていること

去年の頭頃から、第三次世界大戦普通に起きそうと感じているのでいろいろとやってます。子供もいるし、なんとか子供と妻は守らねばならぬ。

といいつつ、本当に起きるかどうかわからない脅威に対してドラスティックにいろいろやれるわけではない、仕事もせねばならぬ、ということで、細かくコツコツといろいろやっています。

もし第三次世界大戦は起きなくても、まぁ災害時とかにも役に経つと思うし、大丈夫! 読者の皆も第三次世界大戦に備えた工夫とかあったら教えてほしい。

地元の消防団に入って活動する

  • めちゃくちゃになった時に最後に頼れるのは地域の絆だと思う
    • 遠くの親戚より近くの他人の精神
    • 消防団に入るとだいたい自動的に町内会とのつながりもできてお得
  • 心肺蘇生等の、身近な人を生かす方法を学ぶことができる
    • 消防団にいると定期的にやる機会が与えられる。一度やっても継続してやらないと忘れる
    • 心肺蘇生法の常識が意外と数年単位で洗練されていっている、ということが消防団に入ってわかった。心肺蘇生法も日々最新のものを学んでいくとより良い蘇生が可能

英語の勉強

  • 地理的に考えて中国語が重要と思われたが、私は中国語も英語もできないので、まずは汎用性を考えて英語の勉強をするのが効果が高いと考えた
    • それまでの私は"技術の進歩によってそのうち ほんやくコンニャク ができるだろうから外国語の勉強は一切不要" という立場をとっていたが、残念ながら第三次世界大戦の足音が迫っているのを感じたので技術の進歩を待っている場合ではないなということで舵を切らざるを得なくなった
  • 具体的には、毎日TEDやスティーブ・ジョブズのスピーチをシャドウイングしている。毎日続いてて頑張ってる
  • 外国の人としゃべる機会を作りたい、でもちょっとビビっている、という状況

追加 占領下による混乱時でのコミュニケーションを想定していたが、ブコメを見て、「亡命する選択肢というのもあるのだなぁ」となった。

体を鍛える

  • 体が資本
  • 毎日プランクしたり、自転車通勤したり筋肉体操したりしてる

世界情勢を窺う

  • 危険度の上昇下降を感じたい
  • 新聞を定期的に買って読んでるだけです

資産を考える

  • 戦争状態に突入すると経済が明らかに不安定になるので、どうするかを考えなくてはならない
  • 妻と"金を買うかねぇ" という話はしたがあまりアクションできていない
  • ハイパーインフレになる可能性は考えつつ、ハイパーインフレなら今、家と土地がありそれらの借金を抱えている私には有利では、いや、家と土地を保持し続けるには武力が必要、など、あまり考えがまとめられていない
  • 今日会社で第三次世界大戦について会話していたら、"軍需産業の株を買っておくといいのではないかなぁ"という発言があった。確かにすぎる

上記改めてまとめて思ったこと

  • 世界大戦勃発時に具体的に何が起きるのかの想像が足りていないので、"そもそも本当にこれらは第三次世界大戦に対して意味があるの?"と言われると若干怪しいところはある
    • もうちょっと戦時中の日本の記録や、最近の世界の戦争の記録、及び技術の発展によって戦争の形がどう変わってきたかなどから現代の日本の戦争について類推するという作業が必要な気がしているがそんなに時間は取れないので若干諦め

私が第三次世界大戦を警戒している様子(twitter)

2018年1月から警戒していたらしい

5月には少し具体的な方策が見えた模様

英語の勉強をしている模様。これへのリプライで、電子機器だけが破壊されるような攻撃を受ける可能性があるという示唆が得られ大変有益だった。アウトプットの重要性よ

このエントリの主題とは関係のない感想

  • 上記対策をし始めたのって、明示的に 第三次世界大戦に向けて というよりは、なんかありとあらゆるもやもやとした意思決定(その中には第三次世界大戦の脅威も含まれているわけだけど)からいろいろやっていたことが、後から振り返ると一本の線になっていた、みたいな想いが強い
    • スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチの Connecting The Dots や以下スライドの 後付け力 を思い出す
    • これがConnecting The Dotsか〜 という、なんか感動がある